スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソテツの種子(再び)

@sote1

@sote2

以前(ヾノ・ω・`)なソテツの種子を紹介しましたが、先日ブログを読んで下さったkimsinさんのご好意でソテツの種を分けて頂きました。
kimsinさんありがとうございます。m(_ _)m
以前の(ヾノ・ω・`)種子とはまったく違います。
色、形、艶、大きさ、機動力、全てにおいてダンチです。圧倒的です。
これこそソテツの種です。すばらしい~
以前のものはヤ○ーオークショ○で落札しました。5個で100円で出てました。今も出てるのかな。
購入したとき出品された方に、「この種子は(ヾノ・ω・`)なんじゃないかと…。意見を伺わせてください」。と、問い合わせたところ、

「ソテツの種はもっと大きくてこのような形ではないと認識されているのであれば、それは間違っています。
樹木の種は草花の種と違って発芽には半年から1年ほど掛かる場合があります。
また、発芽するかしないかは種蒔き後のあなたの管理いかんに寄ります」。

だって(笑)お~こわっ( ( (;゚ー゚) ) )(爆笑)
そりゃソテツの種子に間違いはありませんが、トトロでもないかぎり、この種子を発芽なんてさせられません。
ソテツの種子を見た事ない人だったらこのように言われれば、「そーなのかなぁ~」と納得して発芽を待つでしょう。
頭がカッチカチの人と数百円でトラブルになるのはごめんなので、

「Cycas revolutaの種子に間違いないと思いますが、平均的な大きさより小さい事は間違いないと思いましたので、ご意見を伺ったしだいです」。

とだけ言っておきました。
みなさまお気をつけ下さい。特に画像のないものは。それなりの理由があって間違いありません。
ともかくkimsinさんのおかげでリベンジできます。
moiさんの画像掲示板で発見した九州大学の研究によると
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/58/58fp013.PDF
胚が成長しきるまで四ヶ月くらいはかかるようですから、常温で保存して来春蒔こうと思います。

Cycas revoluta var. zombiensis
@ZONBI



スポンサーサイト

種コロガシ

@funkoro2
なんか虫ブログっぽくなってきちゃってますけど。なにか…(¬。¬; )
庭で見つけたフンコロガシの仲間です。…(;´▽`)``…たぶん。草食かもしれません。でも胸部が大きくて、一目見た時、フンコロガシだ!!と思ってしまったので、醤油ぅことにしといてやって下さい。子供の夢を壊さないでやって下さい。
髭が生えてますけど子供です。なにか…(¬。¬; )

全長5ミリのミクロなやつです。
日本にも居るみたいです。本当に糞を転がすのは1種程が居るそうです。(マメダルマコガネと、その近縁種)

フンコロガシと言えばエジプトの太陽神タマオシコガネ(スカラベ)が有名ですね。
動物の糞を転がして丸めてから、地中に埋めて食料とする。
ファーブル博士も研究してたギガントカッコヨスな甲虫です。

そんなに虫好きでもないし触ったりするのは苦手なんですが、形や色には魅力がありますね。
捕まえて箱に入れておいたら☆になってしまわれました( ´Д⊂ヽゴミンナサイ
なのでウチの発芽しない種の守り神になってもらう事にしました。
@tanekoro
転がしている?のは、いつまで経っても発芽しない地湧金蓮の種です。
神様が転がしたこの種はすぐに発芽することでしょう。
今、気付きました。
すいません……。わたし…………………………………………馬……鹿……(´;ω;`)

冬虫夏草っぽいのん

@IMG_0257

@IMG_0271

@IMG_0262

春先にウチの庭に落ちていた冬虫夏草っぽいのんです。
虫に寄生して体内に菌核を伸ばし生きながら徐々に養分を吸い取り、最後は体を突き破って…。
…((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル…怖いですね~。恐ろしいですね~。(淀川長治 ふう)

コウモリガ科の一種Hepialus armoricanusにバッカク菌の一種Cordyceps sinensis (Berkeley) Saccardo)が寄生して子実体を出したものが本物というか、中国料理の高級食材になるやつらしいのですが、シロートは広義に虫に寄生してきのこを出すのを冬虫夏草としときましょう。

もうカラカラのミイラ状態だったんですが、見つけた時は(゚〇゚;)おおっっという感じでした。
こんなの庭に居るんだ。つり餌のミルワームみたいな幼虫からニュキーッっと出ておりまんがな。
冬虫夏草は昔から好きで?(;゜д゜) いや興味があって、図書館で図鑑を眺めたり絵を描いてみたりして、一度本物を見てみたいと思ってたんですが、まさか庭とは…。
みなさんの庭や鉢の中にも、もしかしたら……あ゜あ゜━━━━━(((( ;゚Д゚)))━━━━━━っ !!!

白くね~

ダシリリオン・セドロサヌム
@IMG_0582
Dasylirion cedrosanumの実生なんですが、なんか白くないですか?
またアルビノ君だと思います。
次の葉っぱ緑になれ~
じゃないと死ぬぞ~
これに奇跡が起きて、成長するような事があればダシリリオン・セドロサヌム(ホワイトドラゴン)と命名したい所ですが……。
たぶん無理でしょう。(T-T)

ソテツの種子

@sotetu1
今さらながら、ソテツ(Cycas revoluta)の種を蒔いてみる事にした。
届いて袋を開けると!!もぁ~っ!!!粉が舞った。
腐海の瘴気じゃ~(((( ;゚Д゚)))
5分で肺を腐らせるぞ~
花粉orカビ? 両方?
種子には、まだシワシワになった果肉が付いている模様(めんどくせ~)
えんやっとっとと、何個か剥いてみる。
手がベタベタするぞ~。油分が結構含まれてるな~。食糧難の時食べたくなる気持ちもわかるぜ~。
で、中身はというと…???
@sotetu2
ソテツの種子ってこんなんでしたっけ?
なんか果物の種子みたいなんですけど?
平べったいハート型?なんか小さいし、筋がはいってるし?想像してたのは
@sotetu3
こんなふうなプックリちゃんなんですけど~。(ちなみに 右 デバオエンシス、左 タイシルバー)
実が成長しきる前に採取されたのかな~?
それとも個体差?
まさか新種 サイカス・ウメボシエンシス! ダサッ(┰_┰)
そしてさらに殻を剥いてみると
@IMG_0586
1.5センチって……。
どうも不良種子をつかまされたようです。(´;ω;`)ウッ…
これでも発芽しますかね?
レボルタの種蒔き経験のある方情報をお待ちしてます。m(_ _)m
@hai
切ってみましたぁ~
見事になにもありませ~ん。
それどころか根が出て来る部分が空洞になってま~す。
ソテツの種子は熟した後、数ヶ月から半年以上かけて胚が成長するらしいのですが、いくら新鮮だとしても、これは無いでしょう。
影も形もありません。
予想どうりのすばらしい結果でした。(T^T)グスッ…

アガベの病気(┰_┰)

Agave americana' Mediopicta'  華厳
@kegon1

@kegon2

@kegon3

先日購入したアガベが数日後、葉にシミのようなものが出ました。
シミは大きくなり、樹液のような粘り気のあるものが出て、固まっています。
一番古い葉はしおれてきております。
病気に気づいてすぐに植え替えました。鉢から植物を抜き、根を見ると、良い根もありましたが、多くが枯れており、病気と関係あるかは判りませんが、枯れた根には白いカビのようなものが少し付いている所もありました。
枯れた根は切って整理しました。
それまでプラスチックの鉢に砂が多めの用土で植わっていましたが、新しくさらに排水のよいであろうセラミックの用土と粒状の培養土の混合土に交換し、素焼き鉢に植え替えました。その後、ベンレートとマンネブダイセンの混合薬を全体に散布し、用土ごと10秒ほどつけ込み通風の良い日陰で管理しています。病名もよく判らず、どんな処置をしていいものやら(ノω`゚)。
このまま枯れてしまうのかなぁ。誰か詳しい方教えてくださいませ。m(_ _)m

パンツとブラとヘアそして擬態

@dokou

@IMG_0575

@IMG_0567

変態的タイトルですが、僕は別に変態じゃありません。いやちょっと変態です。

まず、1枚目のダメ写真はドコウソテツ。これを僕はパンツと呼びます。
なぜかというとCycas panzihuaensis(サイカス・パンズヒューエンシス)だからです。
昔、今は亡きおばあちゃんがパンツの事をパンズと言っていました。なのでパンツです。
これを見るとおばあちゃんを思い出します。なので、誰が何と言おうとパンツです。

2枚目はブラヘア・アルマタが発根したものです。
6月中旬に袋蒔きしての発根なので2ヶ月かかってません。速っ。
ヤシマニアの方は「ブラ・ヘア ♡荒俣」と呼ぶそうです。←嘘です。
想像するとすごい画像が浮かびます。荒俣先生ごめんなさいm(_ _)m

3枚目はユッカ・フィラメントーサ・ゴールデンスウォードの葉にとまったカマキリ君です。手を伸ばして斑の入ってない部分に体を沿わせ必死に擬態しようとしてますね。
葉っぱを食べる虫を食ってくれる益虫です。なんか絵になるなぁ。

と、いうオチでした。←オチてないし(ノω`゚)




水たまり

シュロガヤツリ
@syurogayaturi

@ra-jipa-ru2

th_ra-jipa-ru4.jpg

庭の隅に60×60センチくらいの水漏れするコンクリート水瓶がある。
睡蓮でも植えればいいんでしょうが、なぜか拾ってきた流木の灰汁抜き用になってしまっています。
アクアリウムの趣味があったせいか、流木を見かけると拾わずにはいられない体質になっています。
そのままにしておくとボウフラやハナアブのウジが湧いてくるのでメダカをぶち込む。
それだけじゃ水が富栄養化してくるのであまった水草などをぶち込む。
そうすると、ある意味自然な無計画ビオトープモドキが出来上がる。
シュロガヤツリ(Cyperus alternifolius L.)はホームセンターでも売ってる別に珍しくもない抽水植物ですが、けっこうお気に入りです。
抽水でなくても適当に水をやってれば畑でも育ちます。
耐寒性も結構強く、地植えにして根を張らせれば、地上部は枯れますが、関東あたりまで野外で越冬します。栄養と水分が十分だと2メートルくらいになりますし、傘のような部分をちぎって水たまりに投げ込んでおけば、すぐに根が出て、葉が出て、新しい株になってしまうおそろしいやつです。(写真の株は土に埋まってません。それでも育ちます。)
まあ寒い本州では害になるほど増える事はありませんが、水質を浄化してくれて、成長が速い、なによりヤシっぽい良草です。
根元で爆殖してるのは南米パールグラスという水草です。なにかのおまけでくっついてきて水槽で増えたのを投げ込んでおいたら緑の絨毯ができました。冬には枯れますが…。
睡蓮などを植えている人がいたら、水瓶の底に少し土を入れて水草を入れてやるときれいなもんですよ。
花も咲かせますし、水中の余分な栄養を吸収して水を透明に保ってくれます。
北米産のルドウィジアの仲間や普通のパールグラスは、そのまま越冬しますし、浮葉植物と生活域を競合しないので生育に支障が出ません。

日本の田舎ヤシ

ワジュロ
@syuro1

トウジュロ
@toujyuro

本州に住む人にとって最も身近なヤシ、ワジュロとトウジュロです。
和棕櫚 学名:Trachycarpus fortunei 唐棕櫚 学名:Trachycarpus wagnerianus
説明不要の耐寒性強健ヤシ!そこらじゅうに植栽されてます。
トウジュロはワジュロのシノニムにされているそうです。
シノニムって異名って意味だから同じ種類ってことだろうけど、やっぱり素人目に見ても違ってますね。
どう違うかというとトウジュロはワジュロに比べて、葉柄が短く、 葉もやや小さい。
判りやすいのは裂片が折れ曲がらないという所でしょうが、苗のうちはワジュロも葉が短くまだ折れ曲がってないので、区別が難しいです。
ウチのワジュロは、その辺の山で掘ってきました。
トウジュロは最近300円でオクに出品されてたので、落札しました。ワジュロとの違いを確かめてみたかったからです。
出品者さんが家を立てる前に自生してたそうで、特徴からたぶんトウジュロだろうということでした。
比べてみると明らかに違いがあると感じました。葉っぱを触ると分厚くてかっちかちです。ぞっくぞくします。(((( ;゚Д゚)))
ウチでは環境のせいか、葉の色も緑が濃い気がします。純血に近いトウジュロと勝手に思い込んでいます。
両種は簡単に交雑するようで、その雑種をアヒジュロというそうです。
田舎の風景に馴染んでいるので、興味を持つ人はまれでしょうが、ザ・放置でいける良いヤシです。
(^_^ゞ
生きてますた。
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
プロフィール

はっぱ

Author:はっぱ
種子即蒔(・_・ )ノ" ゜

FC2カウンター
メールフォーム
メールフォームからコメントを送信して下さった場合は、「フォームからコメント送ったよ」。 と、ブログの記事(どの記事でも可)のコメント欄に書き込んで頂ければ助かります。 じゃないと気付かない可能性大です(^_^;)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。