スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めざせ!古代の森 ディクソニア培養記

これといったコンセプトの無い、しょっぱいブログに書き込んで下さる奇特な方々の、そのまた一部のさらに胞子培養というナウシカばりの日陰の趣味に興味を持って下さった心のきれい?な方々から、小さな反響があったので培養記をば。←日本語長い・゚゚(;´Д`)・゚゚

ある方が庭に植えたディクソニア・アンルクティカに胞子が出来たのだそうだ。
そして運良く新鮮な胞子を分けて頂けることになった。
早速ネットでシダの培養方法について調べてみた。
私の記憶が確かならば2007年12月1日に味噌のカップに胞子を蒔いた。

1週間後 2007年12月8日
なんか緑色の苔のようなものが生えてきた。
@I20071208

その2週間後 2007年12月22日
ちょっと育ったか?
@20071222
そのひと月と2週間後 2008年2月14日
だいぶ前葉体が育った。苔やシダは胞子から生まれた前葉体が成熟し、精子を放出して受精するらしい。そして胞子体が誕生する。自分達がシダと言っているのは子孫繁栄の為の胞子体だったのだ。
不思議な生活様式だ。中学校か高校で習った?記憶にございません。
@2008214
さらにその10日後くらい 2008年3月23日
緑の絨毯のよう。ちょっと密に蒔き過ぎたか。
@2008323
そのひと月後 2008年4月20日
ゼニゴケ状態。もうそろそろ夢精いや受精か。と思ったら真ん中に見えるでしょうか?胞子体を確認。ほっそい茎にハート型の葉っぱが付いてる。
約5ヶ月で胞子体が出来るらしい。
@20080420
そして2週間後 2008年5月13日
1・2・サーン
@2008513
そしていきなり飛んで5ヶ月後 2008年10月26日
なぜ飛んだかというと夏に高温で成長が鈍ったことと、外気への順化に失敗して胞子体の先を枯らして、写真を撮ってなかったから。
なんとか復活して、もさもさっと胞子体が密生している。多くが受精した模様。
@20081026jpg
中にはシダらしい複葉に成りかけのものも。
@IMG_0759
@IMG_0761

栽培データ

培養土  水槽で使い古したアクアソイル・アマゾニア(煮沸殺菌)
光    水槽用蛍光灯(始め15W2灯 夏場は室内の極弱光 現在20W3灯)
     光の波長では青色の分布域の光があると前葉体の成熟が早いらしい。
     普通の3波長型蛍光灯でOK。
水・肥料 ハイポネックス原液と活力剤を適当に水で薄めて霧吹き
     肥料を与えると目に見えて色が濃くなる。胞子には栄養がないので初期から与える。
温度   初期(冬)19℃キープ(熱帯魚用ヒーター)夏は水道チョロチョロで温度を下げる。
     それでも30℃くらいになる事も。現在25℃
容器   味噌カップ(プラスチック片をL字に曲げてカップの端っこに接着。水抜き用)

ポイント
1)新鮮な胞子は発芽率がいいみたい。でも、半年くらいまではけっこう発芽するそうです。
2)直射日光はダメ。室内に置くにしてもかなり弱光の場所。
3)18℃~25℃くらいがお好き。高温ダメ 夏は調子を崩す。
4)熱帯魚用の設備があると便利。
5)用土は比重が重く多孔質なものがいい。
6)水抜きを作っておくといい。水が入れ替わるのが自然の環境でしょう。時には霧吹きでバンバン水をかけて用土を洗い流すと容器内を清潔に保て生育が良い。
8)水の与え過ぎで根ぐされする事は無い。湿度には敏感で少しでも乾燥すると葉先が茶色く痛む。
9)前葉体が成熟してきたら受精を助ける為に、水をしっかりかけてやる。

その他
カップ2つで育てているが、片方の受精率が悪い。同じ条件のはずなのに?
あ~つかれた。

そこのあなた!!
ヒマな事してんな~とか言っちゃo(*≧◇≦)o″ダメ!!
めんどくさがらず挑戦するのだ。
お金がある人は素直に木を買うべし!


追記
さっき脳の海馬にコンタクトを取ったら、胞子を蒔いたのは2007年11月26日くらいだったような気がする。だから1枚目の画像は約2週間後って事になる。
でも1週間でなんとか針の先くらいの前葉体が目視できたよん。


スポンサーサイト

落ち葉じゃないの

飾りじゃないのよ涙はハッハ~♪
落ち葉じゃないのよドリナリアッア~♪
@dorisp omote
また買っちゃいました。 Drynaria sp
最近シダ熱が悪化してきました。
前回のキルケフォリア?より小型でネストリーフの切れ込みが深く、きれい?です。
全長20㎝無いくらい。根茎は鉛筆ぐらいの太さ。
@dorisp ura
なんかビカクよりドリナリアに興味がるんですよ。広葉樹の落ち葉にしか見えない泥よけ葉がそそるんですね。
Drynaria rigidulaに似てるけど小型らしい。
知らない人が枯れたネストリーフだけの状態をヘゴに付けて吊ってるのみたら変な儀式とかしてると勘違いされそうな…。
速攻で園芸店に走り、外に投げてあった値札の無いヘゴ板をゲット。お姉さんが困って店長らしき人の所へ走り…「180円です」。
よっし( *´艸`)
水苔をはさんでテグスで巻き巻き♪
着生種は鉢ものと置き場を共有しないのでいい。
狭いと置き場にも限界が来ますから。
そして30センチ四方の水槽(改)温室へGO
今度はタマシダでシダタマをつくるぞ~!
@dorisp hego






冬支度

寒さも増してきたので冬支度です。私は温室など持っていませんので、寒さに弱いものは水槽を使って乗り切ろうと思います。
ますはparaoさんにいただいたビスマル君。すぐに鉢に植え付けようとも思いましたが、寒くなる時期は水分の管理を誤るとせっかく出てる元気な根を痛めかねません。なので春までヤシ袋の中で頑張ってもらおうかと思ってます。A4サイズのストックバックを半分に切り、切り口をテープで塞いでロングなヤシ袋を作りました。これで少々根が伸びても大丈夫。水槽の中に放り込んでます。
@bisubukuro

次は発根したてのソテツ君。これも寒さにはあまり強くない種類なので、水槽行きです。
気分的にあまり良くないかもしれませんが、トイレットペーパーの芯に植えてます。
底に網を取り付けて、セラミック用土をいれ、種を置き、コップに入れてます。
植え替え予定のある実生ソテツなんかはこの芯をポットに立てて高さ稼ぎが出来るんではないかと考えています。
@toiretto

発芽してないレボルタ(きむしんさん からの頂きもの)は、水槽用フィルターの余りの粗目スポンジをカップに敷き水を入れて水槽照明の上に置いてます。カップの中はあったかで湿度100%。試しに一個だけ殻を剥いたものは発根してます。やっぱり殻を剥くと発根は早いようです。
@sotetubako

その他のヤシ袋はお菓子が入っていた缶に入ってます。インバータじゃない蛍光灯は発光効率が悪く熱がすごいので有効利用。
蛍光灯が付くと缶が暖まって熱くなりすぎるので内側に断熱シートを敷き、直接ヤシ袋が高温にさらされないようにしてます。蛍光灯がタイマーで切れる前、底の方で最高37℃くらいになるのかな。今から気温が下がってくるので丁度良くなる予定。
@yasibako

もう少しすると外に置いている植物も家の中に取り込まなくては。
その時はチョロさんが実践されてたA3ストックバック作戦をマネしてみよっと。

アクアリウム

@IMG_0740

@IMG_0741

@IMG_0742

@IMG_0743

@IMG_0744

@IMG_0745

@IMG_0746

@IMG_0747

@IMG_0748

ネタがないので水槽です。
最近1年以上放置してた水槽を掃除したので記念にパチリ。
CO2無し、ソイルは3年くらい同じ物でPH降下作用や肥料が無くなったもの、水換えせず足し水のみという超劣悪環境を辛くも生き残った草だけが植わってます。
伸び過ぎた有茎草やウィローモスをバッサバッサと投げ捨ててすっきり。
ソイルは新しく買うのはもったいないので洗って使い回し。
ビフォアの画像は、おぞましくて撮ってません。
生き物は小さく強健なエビが入っているだけなので餌すらやりません。
蛍光灯の上に種袋を置いて温度を上げたりできるので重宝してます。
水草水槽って管理をしてやれば、蛍光灯の光で植物の緑がより鮮やかでキラキラとして見え、本当にきれいなんですが、放置すると汚泥の溜まった池のようになってしまいます。
成長の早い有茎草を少なくしてやるとトリミングもしなくていいし、たくさん草を植えて生き物を少なめにするとコケも生えずらくなって意外に管理は楽です。

more...

胎生

@taisei

春に植えていたシュロガヤツリが私の身長を超えました。(180cmくらいになってます。)
その葉の一つに子株が付いています。
現地のマダガスカルでは種でも増えるのでしょうが、日本では株が大きくなって増えていくしかないでしょう。
暖かい九州などでは、こうして葉の先に出来た子株も冬を乗り越え、水辺に落ちて増えていくでしょうが、当地ではこの子株も冬の寒さで全て枯れます。
今年の冬は冷え込みそうですが、株が大きく成長し、根をしっかり張れているようなので路地で越冬してくれると思います。

鉢の住人

@tonosama

@tonosama2
植物も冬支度をする季節ですが、動物達も冬支度をする季節のようです。
ジネンジョのムカゴを植えている鉢を庭の隅に埋めていたのですが、鉢一杯に根がまわっているようなので、引っこ抜いて、ひっくり返してみました。
すると何処から潜り込んだのかトノサマガエル殿が冬のお家に使ってらっしゃるようでした。
鉢穴から顔を出して眠そうにしています。
鉢は固いマサ土に8割方埋まってて、鉢の中にはこれでもかと言うくらい植物の根がまわっていたのに何処から潜り込んだのだろう?
しかし、せっかくお部屋を作ったのに悪い事をしてしまいました。
面白いので記念撮影をしているとあわててピョンと跳んで逃げて行きました。ごめんよカエル君

ヤシアロエ

@yasiaroe1

ウチにある唯一のアロエです。Aloe striatula
椰子アロエ,青嵐,有縞ロカイ などと呼ばれてらし~。
今年の春に買ったのかな~。なぜ買ったかというと名前に「ヤシ」と付くから。それだけ。
茎が木質化し低木状になるようで、耐寒性もかなり強く雪を少々被っても平気みたいです。
まだ小さいですが、夏には倍くらいに成長しました。今は気温が下がったせいか動きが止まってます。Aloe striata(口紅アロエ)と間違えそうな学名ですが、別種です。
葉の感じは何とも普通で面白みのないやつですが、木質化して枝が増えてくれれば野生っぽくて私好みの姿になるのではと…。

NOーーーーーー!!!・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン. (終劇)

インゲンマメガ・・・・・・・・
NOーーーーーーーーーーー(T^T)グスッ…
チョロさん、みなさん 
ゴエンナサイ, ・゚・(つД`)・゚・ ゴエンナサイ
奇跡の発根をお知らせしてからしばらく経ちましたが…。
一粒だけの大事なやつをダメにしてしまいました。
発芽が遅いと思って掘ってみると腐ってました。根がけっこう延びてたのに。
一応埋め戻しておきましたがo( _ _ )o ショボーン

かな~り気を使いながら育ててました。
温度を下げないように特設水槽温室を用意して、根が酸欠にならないように粒状培養土に植え、乾かさぬよう、べちゃべちゃにせぬよう頑張ったんですが、たぶん用土の湿りが続き過ぎたのでしょう。
発根間もない種子ゆえ乾燥には弱いはずだと過保護過ぎたせいでしょう。
私の栽培技術の未熟さでしょう。
ああ~やはり幻のバナナは「幻」と消えました。
私のような芭蕉しか飼ってないバナナ愛がない者には分不相応だと、バナナの神様が命を吸い取られてしまわれたのでしょう。無念(T_T)
バナナ愛が無い者の所でも発根し、根が伸長はする事は証明できましたので、志半ばにして倒れた私の屍を踏み台にして、勇気あるバナナ戦士のみなさん!どうか遺志を受け継いでくだされ……ガクッ バタン…....⊂(_ _⊂⌒⊃....
@ingen

@tokusetu



カラスウリの種子

@karasuuri

@daikoku

今年の春にイモを植え付けといたカラスウリに実が成ってました。
夜に咲くあの繊細な紐が出たような花を見る為に植えたんですが、気付いた時には実が出来てました。(ノω`゚)
庭木の上の方に出来た実が色付いたので棒で叩き落としてみました。
カラスウリの果肉は甘くはないようで鳥も寄って来ません。
匂いはウリというよりカボチャのようです。
中の種は変わった形をしており、大黒さんの打ちの小槌と言われて、財布に入れておくとお金が貯まるという言い伝えがあるそうです。
これを植えたら来年芽が出ますが、花は咲きません。
数年かけて地下にイモを作り成長しないとダメです。

第二使徒シモフリスズメ

@kimomusi
またデッカいイモムシを見つけました。12~13センチくらい。
白っぽい緑色ですよ~ん。みんな大好きSabal uresanaっぽい色ですよ~ん。
シモフリスズメという蛾の幼虫です。成虫は茶色と薄茶の霜降り。
幼虫図鑑というサイトで調べました。便利ですよ。



(^_^ゞ
生きてますた。
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
プロフィール

はっぱ

Author:はっぱ
種子即蒔(・_・ )ノ" ゜

FC2カウンター
メールフォーム
メールフォームからコメントを送信して下さった場合は、「フォームからコメント送ったよ」。 と、ブログの記事(どの記事でも可)のコメント欄に書き込んで頂ければ助かります。 じゃないと気付かない可能性大です(^_^;)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。