スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱舟 今日の動き

以前から狭そうに4㎝四方に4本も寄せ植えになってたCussonia paniculataを1つずつ植え直しました。
@IMG_0926

画像では見えませんが、もう既に天狗壷の和名のとうり根元壷状に膨らんできています。
種子10粒中6本が苗になりました。なかなか順調。

Beschorneria yuccoidesは、みょみょ~んと伸びています。
@IMG_0927

ここに来てDrynaria spが動きだした。新居の居心地がよいのだろうか?
@IMG_0925

そしてチリサケヤシ(Blue)
業を煮やして先日殻剥き後ジベレリン攻撃。
1粒だけは何とか発根させる事ができました。
@IMG_0924

しかし、今日は寒い。暖房を入れないとヒーターのスイッチが入りっぱなし。やっぱ広い場所を暖めるには電気代がかかりそう。
スポンサーサイト

Happa's Ark 始動

以前から計画していた120㎝水槽を蒔き床にする計画がついに始動しました。

今まで30㎝などの小型水槽にミニ鉢を詰め込んで育苗してましたが、リミットが崩壊したので、全てを移転します。

以前安く入手し、何に使うでもなく放置していた120×30×45の水槽を有効?利用です。

蓋を受ける金具が無かったので取り寄せる所から開始。
@IMG_0915

定価で買ったらこんな小さな金具が4個で1000円!

安い所を探して、それでも680円かよ。2セットいります。

やっと蓋ができると思ったら、このガラス蓋サイズが大きい・゚゚(;´Д`)・゚゚アセアセ…
純正じゃなかったようです。でも無理矢理乗せてっと。

ごらんあれ。スタイリッシュなオールガラス水槽の成れの果てです…。
@IMG_0920

全ての苗達を移転してもまだまだ余裕があります。
@IMG_0917

種子を袋蒔きして発芽したモノからミニ鉢に植えてドンドン置いていきます。
@IMG_0918

以前紹介した全て網戸製のミニ鉢は作るのが面倒だし、ソテツを植えたら根っこが網の目から飛び出してきて使いにくいです。

なので、最近は底だけ網にしてます。
@IMG_0922

ホームセンターで見つけた重量物などを縛る強粘着テープで農業用ホースを切ったモノを貼れば簡単に量産できます。
@IMG_0923

それを、ダイソーの小物ケース1個に8本詰め込み整然と並べていく予定。
@IMG_0921

照明は水槽と一緒に激安で購入していたニッソーの古い60㎝水槽用2灯式蛍光灯を4つも繋げて作られたフランケン1号。
@IMG_0916

御丁寧に配線までいじくって1つにまとめられた一品モノ。合計160W!アホのように電気をくらう怪物君なので普段は少なめの点灯です。

今はまだ余裕がありますが、ここが一杯になるのも時間の問題。本日新たに出番待ちしていた十数種の種子達をジベレリン&ホーマイ液に漬け込みました。

最近蒔いた種子もぼつぼつ発根してます。

Custus speciosa
Hesperaloe parviflpra
Musa acuminata ssp. Sumatrana
Beschorneria yuccoides
など
@IMG_0919

難物といわれている
Heliconia schiedeanaも1粒発根!

冬という神の怒りが通りすぎるまで、動物ではなく植物をのせてHappa's Arkは走りだしました。

アララト山ならぬ春に無事漂着出来るか…。



謎イモ 正体判明

@IMG_0869

@IMG_0872

以前謎イモとして紹介したDioscoreaですが、正体らしきものが判明しました。

学名:Dioscorea cirrhosa
和名:ソメモノイモ(染物薯)
方言名:クール 
漢名:薯莨(しょろう)

沖縄南部から中国南部に分布。

沖縄に古くから伝わる織物の一つ、八重山上布の染色に使われる。

根から赤褐色の染料を取り出す。

というモノのようです。

YKTさんも栽培されているそうで、教えて頂きました。

画像を見るかぎりコレのようです。

沖縄にはこんなものが自生してるんですね。

蒔くんか~蒔かへんのか~どっちやね~ん

先日海外から種子が届きました。
と、言っても自分で注文したのではなくて、お友達にお願いしてやってもらいました。
4種くらい。
でも初めて届いた時には小さな感動がありました。
@IMG_0894


その中の一つHeliconia schiedeanaの種子。
@IMG_0897

ヘリコニアはかなり発芽率が悪いそうです。
私が思いつくかぎりの処置をして(ちょっとだけヤスリで削って、ジベレリンと殺菌剤に浸けて)他のと一緒に蒔いときました。
そしていつもお世話になっているTPseedさんからの種も一緒に蒔き蒔き。

寒いので全て小さな種袋に入れて小型水槽の中にドボン。重しをして暖かい水の中に浸かるようにしてます。
@IMG_0913


昨日から当地では大雪警報が発令され極寒じょうたい。
にもかかわらず、アホの私は熱帯性のシダを買ってしまいました。
葉の長さがメーター越えする巨大シダのゴニオフレビウムの子株。
@IMG_0911

@IMG_0912

Goniophlebium subauriculatumかGoniophlebium persicifoliumのどっちかだそうです。
雪の中無事に届いて一安心ですが、50㎝の葉が小型水槽に入りきれません。対策を考えなければ…。アホです。

そしてまたお願いしていた種子が届きました。

@IMG_0914

学名だけだと、何だか分からなくなってしまうので汚い字で自分だけが分かるように色々と。
もう蒔く場所が…。春まで待つか…。ムリだ待てない。大型水槽を温室として使うか悩み中です。

そんな中、発根してくる種子も。
Hesperaloe parvifloraは保温して2、3日で根っこが出てきました。
@IMG_0910


以前moiさんに頂いたチェリモヤも40日以上かかりましたが1粒発根。
2、3日前に処理したジベレリンパワーか?
moiさんありがとうございました。
@IMG_0908

やっぱりヒーターの電気代をケチらず場所を増やさなければ無理かも…。

サイカス・キャンディダ

Cycas candida
2004年記載の新しモン。
オーストラリアのクイーンズランド、タウンズビルちゅうとこで見つかったみたい。
見た目はレボルタとあまり…。
が、仮種皮に特徴があるらしい。まっ白い。なのでWhite Seed Sagoと呼ばれる。
中身の種は…、まぁ普通の色。
白い実の特徴を見られるのは孫世代(笑)
新種なのであまり情報が無い。
レアパの画像

育てている方、ソテツマニアの人以外に間違っても
 「僕(私)カンジダ持ってんだ~ (^_^)/」。
とか言わないように!
あくまでもキャンディダと発音する事。(爆)


えっ 発根しただけです。・゚゚(;´Д`)・゚゚アセアセ…
@IMG_0902

超耐寒シダ。その名も アラスカ ファーン

アラスカ ファーン(Alaska fern)
学名:ポリスチカム・セティフェラム(Polystichum setiferum)
別名:ソフトシールドファーン(Soft Shield Fern)

@IMG_0903

@IMG_0905

@IMG_0906

常緑、半常緑のシダ、1枚の葉は30~120㎝の中型。
名前にアラスカと付いているが、原産は、南ヨーロッパ、西ヨーロッパ(イギリス南西部、フランス西部、イベリア北西部など)

すごいのが、USDA Zone 5a: ( -28.8 °C)というところ。アラスカと名付けたくなる気持ちも、わからんではない。
別名でソフトシールドとなっているように、複葉の具合が細かく、手触りはフワフワで気持ちいい。
こんなヤワな葉質なのに、冬期ガチガチに凍り付いても大丈夫らしい。
葉柄には茶色い鱗片がびっしり生え、ジュラシックな雰囲気。
日本では流通が少ないが、本家ヨーロッパのお庭ではポピュラーらしく、ドワーフタイプや鱗片の少ないタイプなどの園芸種もあるらしい。
お気に入りのシダ。Polystichumだったらイノデじゃんと、言わないで~。

@IMG_0904

なんと胎生!葉柄から子株が…(^_^) 産めよ~増やせよ~\(・ω・\)(/・ω・)/

二日になっちゃいましたが、あけましておめでとうございます。

なぜかupしたら画像が荒れちゃった。年賀状用画像。悪趣味(笑)
@nenga



paraoさん家からやってきたビス君。お返しをせねば~。
@IMG_0888

@IMG_0889


見辛いですが、袋の中で根がすごい事になってます。水槽で加温しています。
真冬に鉢上げするわけにはいかないのですが、このまま春まで大丈夫か心配です。


ディクソニアの胞子は2つのカップに分けて栽培してるんですが、一つがやばい事になってました。

受精率の悪い方のカップ、30㎝水槽の奥の方に押し込んで上や横にも保温中の苗をわさわさ入れてます。

光は当らないし、水槽全体の保温の為に水温は30℃設定。

耐えきれず前葉体がトロけてました・゚゚(;´Д`)・゚゚
@IMG_0890
@IMG_0891
@IMG_0892

片方の受精率の良い方は光もあたる良い場所で底上げして温度が上がるのを防いでいたので無事でした。ヾ(´ε`; )ゝ ふぅ。。。

生き残った胞子体を取り出し、土と溶けた前葉体を洗い流し、別の小さいカップに洗った土を敷き、ピンセットで乗せておきました。

改めて胞子からの難しさを実感。

30℃はやっぱりダメです。27℃くらいが限界ですね。場所に余裕があったらこんな事にはならなかったんですが、どんどん増えていく苗をせま~い場所に乗車率200%で押し込んでいるので、しかた無いです。(p_q、)シクシク

弱っちいシダの苗は気を抜いちゃダメですね。良い教訓になりました。

新年一発目から厳しい滑り出しとなりましたが、皆様、本年もよろしくお願いしますm(_ _)m



(^_^ゞ
生きてますた。
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
プロフィール

はっぱ

Author:はっぱ
種子即蒔(・_・ )ノ" ゜

FC2カウンター
メールフォーム
メールフォームからコメントを送信して下さった場合は、「フォームからコメント送ったよ」。 と、ブログの記事(どの記事でも可)のコメント欄に書き込んで頂ければ助かります。 じゃないと気付かない可能性大です(^_^;)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。