スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だるぅ~

だるいな~。

みなさんもあるでしょう?そんな時。

バイオリズムの凹の部分にさしかかっているからかな~。

そんな気分の時にはさらに鬱を加速させるこんな絵はどうでしょう。

石田哲也さん 公式HP

31歳の若さで亡くなられた画家さんです。

NHKの新日曜美術館で作品が紹介され話題になった方のようです。

暗い絵ですが、正直で嘘が無い作品だと思いました。

変にかっこつけたり、良く見せようとしたりしていない。

だから心に響くんだろうな。

現代の息苦しさや、生き辛さを表現しようとすることは珍しくは無いですが、自分の状況や内面を直視し、ここまでストレートに訴えかける作品は希有です。

表現できる技術や才能もすごいですが、つらい仕事に目を背けない信念と一貫性に脱帽。

並の精神力じゃこんな事続けられませんよ。病みまくって闇に落ちちゃう。

誰しも、つらいことや悲しいことより、楽なことや楽しい事の方が好きですよね。

当たり前ですけどw

カッコつけたい、良く思われたい、今より良い生活がしたい、お金や権力や愛や etc…が欲しい。

そんなのを全てポイッとして、孤独に自分の内面と向き合い、内蔵をえぐり出すような事をしないとこんな絵は描き続けられなかったでしょう。

やっぱり途中から使命感(脅迫感)のようなものがあったんでしょうかね。

オイラはまだ自分に向き合えてないな、ぜんぜんごまかしてる。色んな事。

だから、絵を描いてもパッとしないし、仕事も人生も定まらないんだろうな…。

でも石田さんのような生き方は無理。だってしんどいのキライだもん(´ω`)

と、鬱の戯言はこのくらいにしてぇ~

ハイ、忘れましょ~ 愚痴は無かった事に…(^_^;)

建設的、生産的な精神にchangeしてシダの話し。これもジメッとしてるな(笑)

前置きが長くなったので次の記事にしますm(_ _)m
スポンサーサイト

その他のヘゴ

春に蒔いたヘゴ達、めんどう臭いので、まとめて紹介です。

Cyathea australis@IMG_1783
多分ヘゴの中では最も耐寒性があるやつ。
一部溶けて穴が空いている箇所もありますが、いい感じで育ってます。受精率も高し。
コーペリーに比べると成長は少し遅いです。
ディクソニアでは本葉が成長してもかなり長いこと前葉体が残るんですが、こいつらは完全に茶色く溶けちゃってます。そんな違いもあるんですね~。
管理が今イチだったからかもしれませんが。


Cyathea cunninghamii@IMG_1791
他のより数週間送れて出て来たクニンガミー。これ失敗しました( TωT)
途中まで順調に苔の絨毯だったんですが、受精率を上げてやろうと水没させて…。
そのまま忘れて10日以上放置…もっとだったかも。
水好きのシダでもさすがに酸欠です。1晩、2晩ならまったく問題無いんですが、やっちゃいました。前葉体は褐色になり、かろうじて生残ったものがポツポツです。
葉の切れ込みが細かく無い元気に育っているのは、勝手に生えて来た謎のシダです。
復活を祈る(^_^;)


Cyathea smithii@IMG_1796
これはまぁ~さんから頂いた胞子を蒔いたものです。
数ヶ月経っても発芽せず、半ばあきらめていたのですが、数える程ですが、前葉体らしきものが生えてきました~w(一番上の大きな前葉体は違う謎シダです)
うまくいけば数個の苗が出来るかもしれません。

次回はその他のシダをお送りします。地味だ(-_-)

アコウって知ってました?

どうも~。シダの連続記事を書く予定だったんですが、それは置いといて~。
今日はこんな植物
アコウ Ficus superba var. japonica
@IMG_1816

これっ 久しぶりにオクで購入してみました。
フィクス属でガジュマルに近い植物です。
ガジュマルに比べて葉は細長く、大きめです。
で、詳しい説明は私が書くより、ウィキペディアさんの方がわかりやすいので、手抜き
Wikipediaへのリンク(^_^;)
てな感じ。

最近知ったんですよ こいつ。

ガジュマルと同じ様にグネグネと育ち、気根をガンガン垂らしてかっこ良く仕上がり、しかも本州に自生地があるほどの耐寒性がある。

絞め殺し型のフィクスとしては一番高緯度にまで分布域があります。

ガジュマルを寒さで枯らしてしまう地域の人にとってはうってつけの植物ではないでしょうか。

年数回落葉期があるようでずが、すぐに新芽を吹くというライフサイクルも興味深い。

気根マニア(誰?)の間でガジュマルに変わるニュースターになると思うんですよ。

私はコレをヘゴ柱の上にくっ付けて根と気根を鑑賞する仕立てに仕上げようと思ってます。

幹に直接小さいイチジクのような実が成り食べれるらしい。

で、今回苗の他に自生地の沖縄の方から生の実も譲っていただけました~。
@IMG_1817


種蒔き用ですよ。完全に熟れ熟れで形が崩れて、若干発酵し、ワイン的な香りがしてるので、食べるのはおすすめ出来ませんが、これの果肉を取り除いて蒔けば小さいのが出てきます。
ただ種子は極小ですし、数年経って勢いが付くまで成長は激遅のようです。
そんなのでも蒔いてみたいって方がおれれたら、お分け致しますよ。
欲しい人はコメント下さい。もう腐りかけなので、2、3日以内に。

それから果実繋がりで庭で採れたポポーや
@IMG_1819

山で採ってきたジネンジョのムカゴも有ります。
@IMG_1818

多分いる人はいないでしょうが。




戦利品 その1

@IMG_1815

交換会で、ひろにいさんにストレリチアジュンセア他を戴きました。スタイリッシュ~。
根っこがガッチリ育ったすごい苗です。
このサイズになるには4、5年くらいかな?
私の交換物にはもったいない代物です。
ひろにいさん。ありがとうございました。

Cyathea cooperi

久しぶりに胞子蒔きのネタです。
夏のあいだ写真も撮らずに放置していたチビ共をぼちぼち紹介していこうと思います。
なのでしばらくはシダネタです。
興味の無い人には同じような画像ばっか乗せてんじゃねえよ的な感じになるまする。

高温に非常に弱いシダの前葉体の為に今年の夏はハイテク機器を作成しました。
名付けてcool garden(シダ用)・・・・ネーミング扇子....⊂(_ _⊂⌒⊃....
@IMG_1804

@IMG_1805

ペルチェ素子を搭載して自動で温度を…嘘です。
見てのとおりの発砲スチロール箱。
左右の壁に吸水と排水の穴を空けて水回り用の配管パイプを装着してあります。
蓋には穴を空けて、透明なPAT板で塞いであります。
一応裏と表から貼ってるので2重構造です。(出来るだけ温度変化を防ぐ為)
で、これの吸水側にホースを繋いで、井戸水をチョロチョロと流してました。
けっこう効果的で22℃くらい、最高でも26℃で収まっていたような気がします。

成長の様子です。
2009年 4月11日 胞子を蒔く

4月25日
@IMG_1198


5月6日
@IMG_1266


6月5日
@IMG_1411


10月14日
@IMG_1785

@IMG_1786
今はこのような状態です。苗になった~。
でも前葉体の数からして、苗の数が少ないような…。
淘汰されちゃった?もっと広い容器に蒔けば良かったな~。まぁ~生産者じゃないからいいか。
ディクソニアに比べてキュアテア(ヘゴ)は成長が早いです。
それも噂どおりコーペリーが一番早いっす。
来春あたりから外気に順化させて行こうと思います。
木性シダの姿に成るのは10年後(汗



more...

やってるよ。交換会

第3回の植物交換会がチョロさんえせ園芸家さん主導で開催されてます。
私も前回に続き参加させて頂こうと思ってます。何を出せるか検討中です。

熱帯の森アネックス~植物交換会メイン会場~

勝手に生えてきた斑入り

@IMG_1775
以前も紹介したタケニグサ。ソテツの鉢に生えてきて気まぐれに斑が入ってます。
本来巨大になる草でしょうが、小さい鉢ではまったく成長しません。
これでは中に植えている植物も成長するわけないっすね。鉢って種類にもよるでしょうが、植物にとってかなり過酷な環境ですね。

@IMG_1773
これは最近ヤシのポットに生えて来たウズラバタンポポらしき草。
でもなんか葉の形が違うような。
もっと丸っこくて、鋸歯が細かかったような…。
茶色と緑の迷彩です。

@IMG_1780
関係ないですが、シュロガヤツリ。今年は2mを超えました。

@IMG_1781
赤トンボもとまって秋の香り。

続 記録+頂き物のその後

@IMG_1771
puya venusta
まぁ~さんに戴いた種子を蒔いたのがこんなになりました。
ゆっくりですが確実に成長してます。

@IMG_1770
Abutilon suntense
3~4本発芽したんですが、気難しいようで、この1本の他はいじけて小さいまんまです。
耐寒性が強いらしいですが、今年は室内ですね。

@IMG_1772
Chorisia speciosa
トックリキワタ。2個出て来て、一本をナメクジに茎が半分の太さになるほど齧られたんです。しかし、枯れたのは無傷だった方で、ナメクジにやられた方が生き残りました。

@IMG_1777
きむしんさんに戴いたストレリチア・レギネ。デカいです。

@IMG_1779
チョロさんからのハワイアンツリーファーン。2枝出ました。

@IMG_1778
かげさんからのフィロデン3種。場所の問題で今は寄せ植え状態。
全部活着したので、春にバラします。

ショウガパワー

昨冬に実生したショウガ科のCostus speciosus がけっこう大きくなりました。
流石ショウガですね。プラ鉢を破壊して根が飛び出しました。

@IMG_1750
@IMG_1751
@IMG_1752
秋から冬に咲くそうですが、今年は花芽は付かないようです。
耐寒性がかなりあるという情報と、2~3℃が限界というのと、情報が混在していてどっちか判りません。
2鉢あるので、片方地植えにして耐寒実験してみようと思います。
このショウガは食べれるのかな?

今のうちに記録ぅ

冬に枯れてしまうものも出て来ると思いますので、今のうちに記録をしときます。
以前登場したのも混ざってますが。

@IMG_1754
Brachychiton discolor
オーストラリアのボトルツリーです。3粒くらい蒔いて(少なっ)1個だけ発芽しました。

@IMG_1753
Merremia dissecta
キレハヒルガオ。勢い良かったのは最初だけで、その後いじけて成長が止まり、花は咲かずじまい。

@IMG_1760
Aloe pratensis
初実生アロエ。小型の種類かな?耐寒性はけっこうあるようです。まだ数㎜。

@IMG_1759
Erythrina flabelliformis
ウエスト部長に仕入れて頂いメキシコ~アメリカのデイゴ。5粒全て発芽しましたが、1つナメクジに食べられて消えました。

@IMG_1758
Erythrina variegata variegata ?
これもウエスト産です。斑入りのデイゴで10粒蒔いてなんとか1個だけ発根、発芽に成功。しかし、どう見ても斑が無い。何故??たまたま発芽したのが斑無し?大きくなったら出て来るの?斑入りデイゴの斑無し。ということは普通のデイゴ…。

@IMG_1757

@IMG_1756
Chimonobambusa yunnanensis
黒寒竹。株立ちになりましたが、まだ幹は黒くないです。

@IMG_1766
Opuntia ficus-indica MAYA
食用のサボテン。バーバンクに続き、同じようなものを買っちゃいました。
苗ではなく、食用で輸入されたやつを挿し木しました。バーバンクに比べ小さくて薄く、細長いです。刺も殆ど無いです。

@IMG_1765
Cotyledon woodii
今年も開花しました。開花直前に長雨に当てたせいか、葉に黒いカビのようなものがまとわりついてしまいました。何度か消毒したのですが、根絶出来たかどうかわかりません。

@IMG_1764
Moraea iridioides
チリのアヤメです。冷温処理して発芽させました。まだ小さいです。

@IMG_1761
Boquila trifoliolata
チリの白実アケビ。
2粒だけ発芽したのですが、1個腐りました。残り1です。ヤバイなぁ。

芽接ぎしてみた。

@IMG_1767

@IMG_1768

@IMG_1769
家にデカいバラの木があるんです。

今は亡き祖父が植えたものだと思われます。

一時は幹の直径が10㎝くらいのになってた(1、2枚目に写ってる茶色いの)のですが、今は枯れてます。

根元から新しいシュートが伸びてきて5~6年になるでしょうか。

品種は台木にも使われるオドラータという白いバラだと思います。

年々大きくなり、今年は屋根の上で花が咲く程です。

狭い所にトゲトゲをいっぱい付けた枝が伸びてくると悲惨です。

かといって切り倒すのもかわいそうなので、鉢植えの刺無しバラを接いでみることにしました。
といいますか、一度接ぎ木というものをやってみたかったダケというのが本音です。

それもかなり気まぐれに。3連休なので、やってみよ~って感じでやっちゃいました。

普通は休眠期の冬に穂木を取り、冷蔵庫で保存しておいて休眠が明けるちょっと前に台木に接ぐのでしょうが、思い立ったが吉日です。

今の時期でも出来る方法に芽接ぎというのがあるらしいのでやってみました。

専用のナイフなど持ってないので、事務用の普通のカッターで代用。

接ぎ木テープと癒合剤は持ってたのですぐに決行。

ネットで適当に調べて、ココを参考にさせていただきました。http://www.kyoto.zaq.ne.jp/mopage/new/good02.html

削ぎ接ぎいうやつです。
えいっ!っと芽を切り出して、えいやっ!と接ぎ接ぎ。

途中の写真は面倒なので撮ってません。
台木は枝分かれしてるし、狭い場所なので、かなり手こずりました。

反省点としては、先にまとめて芽を切り出したので、接ぎ穂に入れるまでに時間が経ってしまい、表面が茶色く酸化してしまった事。接ぐ直前に切り出す方がいいですね。

最後に雨水の侵入と乾燥を防ぐ為にテープの上からベトベトに癒合剤を塗っておきました。

こんなんでいいのかわかりませんが、とにかく一度やってみたかった(笑)
下手な鉄砲で、17カ所程接いだので、1カ所くらいは付いてくれるかな。

刺に刺されて手が痛がゆい…本末転倒(爆)。

喰えるもの

ウチにも少しは喰えるものがあります。
@IMG_1747

昨年の秋に植えたイチジク。品種はバナーネです。
その頃はこちらではバナーネ売ってなかったので、わざわざオクで買ったんですが、このあいだ園芸店をのぞくと、今年は売ってました(;´▽`A``
一個だけ実が付いてます。喰えるのは来年以降ですね。

ポポーは初めてまともな実が付いてます。
@IMG_1748

5個くらい付いてますが、昨日風が吹いて2個落ちちゃいました。
1個くらいは喰えるかな。
このポポーは中学の時だったか近所でもらって実を喰った後の種をプランターに植えておいたものが大きくなったんですよ。小さい頃から種蒔き病の片鱗があったんですね。

巨大トクサ ギガンテウム

@IMG_1739
@IMG_1740

今はまだその辺に生えてるスギナと区別が付かない巨大トクサEquisetum giganteumです。
最初植え付けた時は葉先(茎先)から枯れ込んでいたのですが、1週間程で枯れが止まって新芽が吹きました。
ヾ(´ε`; )ゝ ふぅ。。。一安心。
8つに分かれて全国にもらわれていった兄弟達もあちこちで活着の報告を聞いてます。
日当たりの良い場所に置いて水を切らさないように放置してました。
根が深く潜るでしょうから、大きくするには超ロングポットか地植えせねばですね。
冬を越せれば植え替えです。

台風過ぎたぁ 花咲いたぁ 

みなさん台風は大丈夫でしたか?
直撃した所はけっこうな被害が出ているようで、心配しております。
広島には被害はありませんでした。うまいことそれてくれて、強風域に少し入った程度でした。

吊りものと、背の高い鉢物を室内に取り込んでおりました。
@IMG_1738
@IMG_1737

一応準備はしておいたんですが、取り越し苦労でした。



最近めっきり涼しいですが、開花するものもありますね。

まぁ~さんに種子を頂いて育てた黄色い蔓性のコマクサ Dicentra macrocapnos 。
カワユスっw
@IMG_1742

同じぐらいの大きさに育っていたEccremocarpus scaberは西日に当て過ぎたのか枯れちゃいました( TωT)

以前山から抜いて来た大きな葉っぱのオオバショウマ この記事ね
@IMG_1741
葉が全部枯れたのですが、花茎を80センチくらい伸ばしてきてウメのような花を咲かせました。地味です。

@IMG_1745
@IMG_1743
ミズサンザシは涼しくなると調子が良くなります。

@IMG_1749

花では無いですが、かげさんに頂いたサンジャクバナナが元気ですよ。斑が入ってます。
このバナナは品種的には何って言うんですかね。


お絵描き終わり

いや~。サボリにサボリましたぁ。
一応お絵描きが終わりましたのでうpします。

何を描いていたのかというと、毎年出してる公募展用のデカい絵と友人の結婚式の為に頼まれたウェルカムボードです。

まずはデカいのから。F100号(162㎝×130.3㎝)×2枚
@IMG_1660
@IMG_1673

ハイこんなの。
誰も得しないキモい妖怪の絵です(∋_∈)

植物マニアさんはすぐに気が付かれたと思いますが、ソテツの大胞子葉(雌花)をモチーフにしています。実の部分が赤ん坊の顔になってますね。
コワ…((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル…
見ようによっては大昔のイコンに出てくる首と羽根だけの天使(ケルビムとか)にも似てるかもしれません。
まぁ…キモい…絵ですね…。何故にこんな意味不明なものを描いてしまったのか…。
そ、ソテツマニアさんコレクションに加えられては…(爆)

部分です。
@IMG_1661

ウエッ。
@IMG_1662

グロッ。
@IMG_1664

背景は何故か夜空(宇宙?)ですが、テカリすぎてカメラでは捉えられません。

もう一個は青い絵です。
@IMG_1681
@IMG_1682

男女がグジュグジュっとした中に…。
コレも意味不明。ある意味妖怪。妖怪って言葉は便利ですね(笑)
一応コレも植物をモチーフにしてます。
自分で見てもよく判りませんが、シダの前葉体とカラスウリの花を混ぜ混ぜしてます。

青い色がやはり今イチ撮れません。
油絵は一定の厚みを持った透明な層があるので光が複雑な反射をして、プロでないとまともな写真を撮るのは難しいっす。

そしてコレが頼まれモンのウェルカムボード。

この絵を土台に
@moto


@IMG_1685
@IMG_1684
@IMG_1697
@IMG_1692
@IMG_1696
@IMG_1691
@IMG_1689

こんな感じに顔だけ新郎新婦に。P25号(80.3㎝×60.6㎝)
この絵は全体がテッカテカなのでぜんぜん写真が撮れません。
光るし、テカる…。いろんな場所や角度から撮ってみたのですがダメです。
どうしても肉眼では見えてもカメラに写らない色が…。
人間の目ってすごいですね。

式にも行ってきましたよ。依頼者は一応よろこんでくれたみたいです。
神前式と披露宴と二次会でも飾ってもらいました。
まぁ高級似顔絵的なものなので来客の方々も楽しんでおれれたようで、良かったです。
でも、疲れるのでもうやりません(∋_∈)。

3枚とも一から描いたわけじゃないです。以下は今回の簡単な製作手順。

1)画像をフォトショップで合成

2)ジェッソ(絵の下地剤)やサイジング剤(滲み止め)を塗った紙の上に
  インクジェットプリンタで印刷。

3)パネルに貼付ける。(大きさに必要な枚数を繋ぎ合わせる)

4)繋ぎ目をできるだけわからないように修正する。

5)油絵の具でひたすら描く。


と、こんな感じなので大人の塗り絵的なものです。
でもインクジェットで印刷しただけじゃ色もダメダメだし、細かい部分などぜんぜん再現されないので結局は画面全部に手を加えなきゃなんですが…。
なので、しんどい…。すんごく…。寿命が削られます。
しかもお金がかかる。画材代に搬入搬出料、出品料、展覧会が自分の県に巡回して来た時には売れない券を数万円分引き取ってバラまく。アホです。
何の特も無いっす。貧乏人を極貧に陥れるだけ。負のスパイラルです。
なので、もうやりまへん。自分の生活の方が大事です。
極貧のまま死んでいく画家のような気合いは無いですから。
まともな生活ができる人間になります。なれるかな…( TωT) 

かわいそうなので、拝んできてあげるっていう奇特な方がいましたら、内緒コメにでも住所を入れといて下さい。

50人分のタダ券が有りますので送りつけますよ。持っててもゴミだし…。
私が描いたキモイソテツの展示があるのは国立新美術館と広島県立美術館だけです。
タダ券は何処でも使えます。

会期は以下のとうり

東京  2009 10/14 ~26 国立新美術館
名古屋    11/3 ~8   愛知県美術館
京都    11/17 ~23  京都市美術館
広島  2010 1/19 ~24   広島県立美術館
福岡      3/30 ~4 /4  福岡市美術館
長崎     4/6~ 18   長崎県美術館   
金沢      4/27 ~5/ 5  金沢21世紀美術館
浜松      6/ 9 ~13   クリエート浜松

@IMG_1679









(^_^ゞ
生きてますた。
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
プロフィール

はっぱ

Author:はっぱ
種子即蒔(・_・ )ノ" ゜

FC2カウンター
メールフォーム
メールフォームからコメントを送信して下さった場合は、「フォームからコメント送ったよ」。 と、ブログの記事(どの記事でも可)のコメント欄に書き込んで頂ければ助かります。 じゃないと気付かない可能性大です(^_^;)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。