だるぅ~

だるいな~。

みなさんもあるでしょう?そんな時。

バイオリズムの凹の部分にさしかかっているからかな~。

そんな気分の時にはさらに鬱を加速させるこんな絵はどうでしょう。

石田哲也さん 公式HP

31歳の若さで亡くなられた画家さんです。

NHKの新日曜美術館で作品が紹介され話題になった方のようです。

暗い絵ですが、正直で嘘が無い作品だと思いました。

変にかっこつけたり、良く見せようとしたりしていない。

だから心に響くんだろうな。

現代の息苦しさや、生き辛さを表現しようとすることは珍しくは無いですが、自分の状況や内面を直視し、ここまでストレートに訴えかける作品は希有です。

表現できる技術や才能もすごいですが、つらい仕事に目を背けない信念と一貫性に脱帽。

並の精神力じゃこんな事続けられませんよ。病みまくって闇に落ちちゃう。

誰しも、つらいことや悲しいことより、楽なことや楽しい事の方が好きですよね。

当たり前ですけどw

カッコつけたい、良く思われたい、今より良い生活がしたい、お金や権力や愛や etc…が欲しい。

そんなのを全てポイッとして、孤独に自分の内面と向き合い、内蔵をえぐり出すような事をしないとこんな絵は描き続けられなかったでしょう。

やっぱり途中から使命感(脅迫感)のようなものがあったんでしょうかね。

オイラはまだ自分に向き合えてないな、ぜんぜんごまかしてる。色んな事。

だから、絵を描いてもパッとしないし、仕事も人生も定まらないんだろうな…。

でも石田さんのような生き方は無理。だってしんどいのキライだもん(´ω`)

と、鬱の戯言はこのくらいにしてぇ~

ハイ、忘れましょ~ 愚痴は無かった事に…(^_^;)

建設的、生産的な精神にchangeしてシダの話し。これもジメッとしてるな(笑)

前置きが長くなったので次の記事にしますm(_ _)m
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

うつ

こんばんは。
私はもう、ず、ずっ~と鬱状態ですね。
調子は今一つだし、何をやってもNG。
絵でも描ければいいんですが、描けません。
ぼ~っとしてることが多いこの頃です。
あぶないかも(笑)

はっぱ

体の調子が悪いと精神状態も落ちてきますよね。
私も疲れてしまっていたのですが、ちょっと良くなってきました。月曜から寒波が来るらしいのですね。

No title

ある意味ベクシンスキーより不気味…

はっぱ

ベクシンスキーって誰だ?と思って調べてみたら、見た事ある作品がボツボツ…。コレか~。

陰鬱なイメージでコワイですね。
HRギーガより霊的な感じ~。

石田さんのは、今現在の世相の中で見ると、リアルな怖さがありますよね。別の意味の怖さ。
バブルの時代に見てもたいして実感ないんでしょうね。
まぁ、こんな時代だから生まれた作品でしょうが。
ちょっと間違ったら自分もあの絵の主人公になってしまいそうで…(≧ヘ≦)



(^_^ゞ
生きてますた。
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
プロフィール

はっぱ

Author:はっぱ
種子即蒔(・_・ )ノ" ゜

FC2カウンター
メールフォーム
メールフォームからコメントを送信して下さった場合は、「フォームからコメント送ったよ」。 と、ブログの記事(どの記事でも可)のコメント欄に書き込んで頂ければ助かります。 じゃないと気付かない可能性大です(^_^;)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。