お気に入りのハランとシダ

@IMG_2170.jpg

でっかい斑がかっこいいハランです。
これはまぁ~さんからのいただきものです。ありがとうございま~す。
かなり前に花宇さんのブログで紹介されていて、きれいだな~と思っていたんですよ。

お弁当に入っている緑色のおかずを仕切るやつはバラン(人造バラン)と言いますが、これはハランの葉を真似て作ったものだそうです。

高級料亭では今でも本物のハランを切って細工する場合があるそうな。
超高級料亭ではこの斑入りハランを惜しげも無く切り刻んでお刺身等を盛りつけます。嘘です。



@IMG_2172.jpg
@IMG_2173.jpg
@IMG_2174.jpg
ヒノキの葉のように細かく切れ込んだ葉のシダです。
これアスプレニウムです。数年前にオクで買ったのですが、だいぶ大きくなりました。
種名はいまいちよく分かってなくてオーストラリア産のマザーファーン(Asplenium bulbiferum)の仲間だと思うのですが、これの産地は東南アジアだそうで、マザーファーンよりさらに葉が細く繊細な印象です。
成長は遅いですが、無加温室内で越冬しているので、けっこう簡単に栽培できてます。
無性芽が付いて増えます。

超高級料亭ではヒノキやヒバの葉の代わりにこのシダの葉をマツタケの下に敷いています。嘘です。



@IMG_2177.jpg
@IMG_2178.jpg
ラストはドリナリア。
ドリナリアは2種類育ててましたが、片方は越冬出来ずに枯れました。
残ったこいつは無加温室内ですので、耐寒性が強いということになります。種類はリギドゥラの類いだと思いますが全体的に小型です。胞子葉ばかり出てハカマの新しいのが中々出ません。
夏は直射光にがっつり当ててもへっちゃらでした。
小さく育って寒さにも強いので、胞子蒔きで増やしてみました。

超高級料亭では…。 あっもうお腹いっぱいですね(^_^ゞ



@IMG_2179.jpg






スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【お気に入りのハランと】

でっかい斑がかっこいいハランです。これはまぁ〜さんからのいただきものです。ありがとうございま〜す。

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

画像のアスプレニウム、かっちょエエっす!(^^)
マツタケの下に敷いたら映えますよね(笑)

はっぱ

上に乗せるマツタケが無い(-_-メ)

東南アジア産ということで、一か八か無加温で試したらあっさり無傷で越冬しました。
地味に無性芽増やしますね。

No title

ご無沙汰してます。

このハランは派手でいいですね。丈夫ですが葉焼けしやすいような気がします。秋咲きの花も激渋ですよ。

はっぱ

ご無沙汰しております。
そういえば、ひろぽんさんはこのハランを開花させておられましたね。
私も頑張って開花までもっていきたいです。
葉焼けに注意ですね。了解です。
(^_^ゞ
生きてますた。
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
プロフィール

はっぱ

Author:はっぱ
種子即蒔(・_・ )ノ" ゜

FC2カウンター
メールフォーム
メールフォームからコメントを送信して下さった場合は、「フォームからコメント送ったよ」。 と、ブログの記事(どの記事でも可)のコメント欄に書き込んで頂ければ助かります。 じゃないと気付かない可能性大です(^_^;)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。